ニュースリリース

多関節ロボットの導入による自動化

多関節ロボットを使った自動化ではワークの形状、加工機の形態、工場内の環境にあわせてフレキシブルなシステム構築が可能です。ロボットの設置方法で言えば単純な固定式から天吊り方式走行式などがあります。自動化を導入する際はそれぞれのメリット・デメリットを考慮しながら検討を重ねる必要があります。

下記のページでは天吊り方式、走行式、ロボットを中心に加工機を扇形に並べたセル生産方式を紹介しています。

関連記事

ニュースリリースカテゴリー検索

ピックアップニュース

  1. 多関節ロボットの普及により鋳造、溶接、部品加工、検査など様々な生産現場で自動化が進んでいます。
  2. ワークローダーと多関節ロボットのメリット・デメリットを挙げながらそれぞれの特徴を紹介しています。
  3. ロボットシステム導入にはロボットシステムインテグレーター(通称:SIer)と呼ばれている企業が構想...

弊社が運営する事例・技術情報サイト!